« 大東亜戦争 | トップページ | 私の実感 »

2006年6月27日 (火)

今日の一日

昨日寝る頃から右足のくるぶしあたりに痛みを感じ、もしや痛風の二度目の発作かと思ったのですが、やはりそうでした。痛風は普段何も感じない為薬を飲まなくなってしまうのです。私の発作の最初はもう二十年程前でしたので、もうう大丈夫なんて1人納得していたのですが、これからは薬をきちんと飲もうと思っています。実は十日程前に、左足を飼い犬に咬まれまして、その傷がまだ治らないのです。一昨日は左手の人差し指をまた咬まれまして三味線が弾けなくなっていました。今度は右足の痛風で、結局まともに歩けなくなってしまいました。でもパソコンは右手人差し指だけなので大丈夫です。
皆さんもご存知だと思いますが、小泉自公政府は、歳入と歳出のバランスを取る為に新たな構想を打ち出しました。社会福祉や教育予算を大幅に減らします。小泉首相は云いました。「歳出を減らせば、これ以上の歳出削減は無理だと歳入を増やす為増税が問題になってくる」。消費税の大負担です。そういえば谷垣とか言う人が最近盛んに云ってました。「消費税を純粋目的税にして、福祉目的税かする」。これは民主党も云っています。成るほど。福祉を充実して欲しければ税金を払え。消費税に反対ならば当然福祉は縮小する。これって何かまともに聴こえませんか。消費税は大金持ちも、生活保護者も同じように納めさせられます。どこにも違いなく納めるのです。納めなければ買い物出来ないのです。高い米、安い米、必ず生活に必要物でも、収入と関係なく税金を取られる。収入に対して得する人は御金持ちではないですか?高い年金保険料を払うことのできないお金のない人でも、御金持ちと同じ率の税金を取られる。ここのどこが
平等なのか。私は提案します。消費税は無くすべきだと思いますが、目的税とするならば、軍事目的税にしましょう。何故福祉目的税でなくてはいけないのでしょう。目的税化を目論む人は、この私の提案では何故駄目なのか答えるべきだと思いませんか。

|

« 大東亜戦争 | トップページ | 私の実感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大東亜戦争 | トップページ | 私の実感 »