« 教育基本法4 | トップページ | 私は私で在るうちに »

2006年6月22日 (木)

テレビを観て

日本の女性で始めて世界の女性企業家四十人に選ばれた人のことを放送していました。小泉首相は国会の演説で、その人の名前も出してだから日本は素晴らしい等と発言していました。この女性は親が御金持ちだったそうです。困った時は、いつでも親がお金を出していました。そんな人滅多にいないでしょ。金額も五千万とかのお金です。それも一回や二回ではありません。そんな恵まれた人一人とって、日本は素晴らしい。馬鹿も休み休み云えと思います。いかに貧富の差が現実のものとなっているかを示しているだけです。首相が偉そうに云うことではありません。私達にとって、どれ程暮らしやすい世の中だと思われますか。歳をとれば早く死ね、貧乏人は医者に罹るな。こんなプログをみて、嫌になった方はサヨナラ。

|

« 教育基本法4 | トップページ | 私は私で在るうちに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育基本法4 | トップページ | 私は私で在るうちに »