« 生きること | トップページ | 私は怒っています »

2006年6月20日 (火)

易しい話し

以前の短信でも書きましたが、私は小学生の頃から政治を感じていました。皆さんは私を特殊だとお思いですか?父親が病気がちでまともに稼げない。母親も一生懸命働いていてもまともな稼ぎにはならない。じゃあ誰が稼ぐ。私の兄弟は男ばかりの四人兄弟です。一番上の兄と七つ違いますが、私が小学生のころ、まだ誰も働けないじゃないですか。それでも皆生きていかなければならないでしょ。こどもの責任ですか。両親の責任ですか。一体誰が生活を守ってくれるのですか。今の憲法には第25条国民は最低限度の文化的生活を保障されると。それが無くて苦しんだのは政治が悪いからではありませんか。生まれる前の因縁なんて有り得ない。ごまかし以外の何物でもありません。

|

« 生きること | トップページ | 私は怒っています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生きること | トップページ | 私は怒っています »