« ヤサエモン座のこども達 | トップページ | 今日の一日 »

2006年6月27日 (火)

大東亜戦争

私はこの戦争の名前を認めません。昭和天皇を始め、当時の戦争遂行者のことばであり、誰も責任を取らない言葉では無いですか。天皇には責任が無かった。東条英機を始めとする当時の内閣は、占領軍の一方的な裁判で断罪された不幸な人々。今の時代になって、戦争時代を知らない人々が多くなって、いくらでも勝手放題に意見が云える時代。でも私は質問する。南京事件は無かったとと云う人。大袈裟だという人。あの時日本軍は何故南京にいたのか?満州事変は何故起こったのか。日本軍の謀略から始まるのだがそもそも日本軍はそんな遠くで何をしていた。韓国を占領したのは、国際合意があって正当なものだと言う。では、韓国に大量の日本軍を送り、宮城を取り囲んで署名させたのはなぜか?まだまだ在る。今までに日本をそうした状態にした国は在るのか?アジア全体に大きな惨禍をもたらした国は、当時日本以外にどの国だったのか?どこかの知性のない人が、日本はヨーロッパ列強のくにから、アジアを開放したと。日本からの独立した記念碑はそこいらじゅうにあるが、日本の軍隊を歓迎したその国の国民の喜びの標はどこにたくさんあるのだ。当時の大臣が、数年後首相になったのも日本だけ。今ポスト小泉と騒がれている安倍官房長官は東条戦争内閣の商工大臣、岸信介元首相の孫。国民が良く解からずにあの人格好がいいわ何て云ってるうちに、いつか来た道にならないようにしましょうよ。平和でなければ、テレビも、温泉も、趣味も、音楽も、カルチャーも、何にも出来なくなるんですよ。

|

« ヤサエモン座のこども達 | トップページ | 今日の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤサエモン座のこども達 | トップページ | 今日の一日 »