« 緊急。昭和天皇の靖国発言 | トップページ | 普通の方々へ(私を含めて)11 »

2006年7月21日 (金)

普通の方々へ(私を含めて)10

 これらが規制緩和の実情です。自分達で自分の会社が有利になるような答申を出して、それを政府が決定する。解かり易いですね。今は新自由主義の時代と云われています。これは、今の若者がどうゆう生活を強いられているかを見ると解かり易いのです。若い人は学校を出ても良い就職は在りません。これは現実です。新自由主義は、企業は勝手にやれと言うのが根本です。国は手を出さない。企業に任せれば間違いは無いと言う考え方です。でも現実は不良債権のことでも国が税金を投入しましたでしょ。これは、新自由主義の考えからは、在りえないことなのです。国民には、資本主義の国だから、一銭たりとも支援しないといっときながら、企業にはお金を出す。こんな矛盾した話が在りますか。今、世界を駆け巡っている新自由主義は、そんな単純な事にも答えが出せないのです。アメリカは凄く良い例えですね。世界の貧困率の第一番です。二番目は日本です。
 貧困率とはそもそも何か?これは、生産年齢人口を対象に、自由に使える所得、「可処分所得」について分析したもので、可処分所得の平均値の半分しか所得しない人口の割合を算出したものです。日本は1995年頃11.9パーセントでしたが今年は13.7パーセントに成りました。貧困が拡がっていることの証明です。私達貧乏ですよね。

|

« 緊急。昭和天皇の靖国発言 | トップページ | 普通の方々へ(私を含めて)11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21760/2750445

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の方々へ(私を含めて)10:

« 緊急。昭和天皇の靖国発言 | トップページ | 普通の方々へ(私を含めて)11 »