« 何の事であれ一人一人が | トップページ | 普通の方々へ(私を含めて)1 »

2006年7月14日 (金)

返せない奨学金

 日本学生支援機構(旧日本育英会)の利用者のうち2001年度から滞納している人が急増しています。
小泉と公明党の連立政権は1999年度から、今まで無利子だったのに、有利子枠大幅拡大の道を突き進みました。滞納額は小泉政権発足後、四倍になりました。それまでは年間五十億円はどの増加でしたが、一挙に毎年二百億円程の増加になりました。
 何故返せないか。01年度調査では6.5パーセントしかなかった「無職、失業」が20.3パーセントに増加。「低所得」も01年度の19.1パーセントが22.1パーセントに増えています。04年度に支援機構が返済を猶予した金額644億円のうち失業等で猶予が認められたのは約85パーセント。2000年度と比べると二倍以上に増えました。生活保護を理由にした返済猶予も約2.5倍に増えました。どうゆう事だかお解かりに成りましたか。返したくても返せない実情です。若者の不安定な状態がこれを加速させています。小泉自公政府は、更に有利子の上限金利を、3パーセントの現在の制限を取り払おうとしています。こんな政治の何処に、国民の為の政治が在るのでしょう。

|

« 何の事であれ一人一人が | トップページ | 普通の方々へ(私を含めて)1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21760/2653830

この記事へのトラックバック一覧です: 返せない奨学金:

« 何の事であれ一人一人が | トップページ | 普通の方々へ(私を含めて)1 »