« 戦後61年と音楽 | トップページ | 靖国参拝賛成の方へ »

2006年8月15日 (火)

小泉は確信犯

 小泉首相が靖国参拝を今日8月15日、終戦の日に参拝しました。私は朝日新聞の夕刊で知りました。彼の云っている言葉を朝日新聞の夕刊から取り出して、批判します。 
 「戦争で尊い命をなくされた方々の上に今日がある。心からの敬意と感謝の念を持って参拝している」
 死んでいった人達は、何故死ななければいけなかったのか。
 何処で何人の手で殺されたのか。
 心から何に感謝しているのか。
 心から何に敬意を持っているのか。もし敬意を抱くような事ならば、これからも国民にさせたいのか。
歴史は積み重ねで、今が在るのは過去無くしては有り得ない。当たり前のこと。だが、そこに反省すべきことは無いのか。過去は全て、敬意と感謝の言葉で表現出来るのか。
 答えて下さい。

|

« 戦後61年と音楽 | トップページ | 靖国参拝賛成の方へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦後61年と音楽 | トップページ | 靖国参拝賛成の方へ »