« 小泉は確信犯 | トップページ | 靖国参拝反対の私 »

2006年8月16日 (水)

靖国参拝賛成の方へ

 首相の靖国参拝に賛成の方にお話ししたいと思います。私の父は満州事変で徴兵され、傷痍軍人になりました。母は弟を太平洋戦争で、亡くしています。もう二人とも亡くなりましたが、戦争の悲惨さ、酷さを生前語っていました。昨日の夜のNHKの特別番組を見ていて、参拝賛成の方のお考えは、少し解かった様なきがしています。
 まづ遺族会の方のご意見。「国の為に亡くなった英霊を、首相が参拝して当たり前」。
 若い人の意見。「外国にとやかく云われて、参拝を中止すれば甘く見られる」。
 外務大臣の意見。遺族会の意見に加えて「二度とこの様なことが起きないように、平和を誓ってくる」。
だいたいこうした意見に集約されるのではないでしょうか。
 遺族会の方も、二度とこんな悲しい思いはしたくないと思います。その為には本当の平和を望んでいらしゃると思います。一緒に憲法を守りませんか。教育基本法を守りませんか。61年間も続いた平和な社会を守りましょうよ。貴方がたは平和の守り手だと思います。一つだけお考え頂けませんか。何故、遺族になられたのか。
 何故戦争が在ったのか、ということです。英霊というと、とかく太平洋戦争を中心に思いが巡りますが、実は、明治天皇制政府が出来てから、ずっと戦争に明け暮れていました。江戸時代までは無かった事態です。それと、一体何処で戦争をしていたのか。この日本の国土では在りません。日本の国土が戦争の惨禍を受けるのは、終戦近くで、実際地上戦が行われたのは、やはり終戦まじかの沖縄だけです。さて、誰が、何のために戦争を始めたのか。そのところをあいまいにして、戦争は語れないはずです。私の叔父は、犬死だったのかもしれません。父は、無駄な戦争の為傷痍軍人になったのかもしれません。父はハッキリ云ってました。無謀な侵略戦争だったと。
 誰でも、身内の死は無駄死にだったとは思いたくありません。その思いは思いで、何故外国の領土に行っていたのか。そして外国の地で亡くなったのか。それは考えなければいけないと思います。
 若い人達に問いたい。何故外国が、それ程まで反対すると思うのか。
 外務大臣。あなた方は二度と過ちを繰り返さない為だと云いながら、君が代、日の丸を国民に何故押し付けるのか。教育基本法に愛国心を何故入れようとするのか。教師の資格を10年ごとに更新させようとするのか。憲法を何故改定するのか。その為の国民投票法案で、一番改定し易い条件をつくるのか。日米同盟を更に世界規模の同盟として強化するのか。国民の抵抗を押し切って基地強化を何故するのか。こんなことをしながら、何故表の顔だけ優しそうにしているのか。侵略戦争であったことさえ認めず、後の歴史家が決める事だと。正直に云いなさいよ。「あの戦争はアジア全体を日本の領土にする為、正当な戦争だった。これからは、アメリカの行くところ全てお供して一緒に戦争したいんだ」と。
 絶対的天皇制政府が出来た明治時代からの流れのなかで太平洋戦争をみないと、歴史の真の姿は解かりません。絶対的天皇制政府の崩壊がポツダム宣言の受諾だったのです。

|

« 小泉は確信犯 | トップページ | 靖国参拝反対の私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小泉は確信犯 | トップページ | 靖国参拝反対の私 »