« 私はワーグナーの世界は嫌だ | トップページ | 戦後61年と音楽 »

2006年8月15日 (火)

売国奴小泉の参拝と戦後61年

 日本の外交をここまで世界から孤立させた首相。自分だけ内心の自由に逃げ込み、国民の内心の自由は奪おうとする歴史を偽造する人間。他の、かつて日本が犯した過ちで、深く傷付いた人びとの心を、更に踏みつけにして何も恥じない、はっきり云って人に在らざる存在。
 そんな人を内閣総理大臣にした、自民党、公明党の無責任さ。
 ポスト小泉の第一人者安部官房長官の新著「美しい国へ」で示された恐ろしい思想。皆さんご存知ですか?
旧日本軍が太平洋戦争末期、ぼろぼろの飛行機に、片道の燃料しか入れないで、若い兵士にアメリカ軍の艦船に体当たり攻撃をさせた特攻隊で命を奪われた、若者の心を「何を思いなんといって散っていったのか」と問い、「愛しきもののため、私もそうおもう」だが他方「自らの死を意味あるものにし、自らの生を永遠のものにしようとする意思もあった。それを可能にするのが、大義に殉じることではなかったか」「彼らは、日本という国の悠久の歴史が続くことをねがった」。
 国家の為に死ぬ事を、個人にとって最も意味のある生き方だといっている訳です。それも、現在の日本でですよ。そんな人が次期首相候補ナンバー1です。
 日本の孤立外交、アメリカオンリー政治、歴史の歪曲、まだまだ続きます。ですが私は許さない。多くの国民も歴史の真実を知れば許さなくなります。世界の大きな流れは、必ず日本にも押し寄せます。その流れを早く日本に届ける為に、私達も協力し力を合わせましょう。
 歴史の逆流はいつでも在ります。でも、逆流はしょせん逆流でしか在りません。歴史の本流は必ず私達の側にある。何故か。真実だからです。私が昔から好きだった古代史を含む世界の歴史は、それを雄弁と語っています。

|

« 私はワーグナーの世界は嫌だ | トップページ | 戦後61年と音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私はワーグナーの世界は嫌だ | トップページ | 戦後61年と音楽 »