« 教育再生とは 1 | トップページ | 所信表明演説の本音版 2 »

2006年9月30日 (土)

所信表明演説の本音版 1

 はじめに

 私は経団連の云う事を大切にして政治を行います。
 国民の期待に応える政治はしません。
 誰でもチャレンジ出来る社会とは、貧困層を助ける社会では在りません。
 国民自身の力で、貧困から抜け出して下さい。
 私の云う美しい国とは、明治以来の天皇制の伝統と、歴史を大切にする国です。
 それと、自由な社会を基本として、自殺する自由は大いに認めます。
 たじろぐことなく、国民無視の改革の炎をもやし続けます。

 大企業の活力に満ちた経済社会の構築

 安定した大企業の経済成長は、人口が減っても、イノべーションの力で新たな活力となる。
 自宅での仕事は増やしますが、給料はそれなりです。
 アジア海外の成長や活力を、日本の大企業の強化の為に利用します。
 国際会議をアジア一番の開催国にする為、飛行場の整備等、大型公共事業を更に進めます。
 新たな日本が目指すのは、勝ち組を大事にして、再チャレンジの機会を、起業家に与えます。
 やる気の無い地方は切り捨てます。
 外国企業を前向きに受け付ける地方には支援措置を行ないます。
 アメリカ産のものは、何でも安心です。
 農林水産業は新しい世紀の儲け口として株式会社だけに優遇そちをとります。

 財政再建と行革の断行

 将来の世代に重い負担を掛け、大企業の成長なくしては駄目なので、国民に対する歳出削減を一層進める。
 プライマリーバランスを確実に黒字にする為、お金を稼がない分野には予算を付けない。
 公務員は贅沢なので労働基本権を含む、徹底した削減をします。
 郵政民営化で明らかに成った企業の儲け口を徹底して拡げます。


 今日はここまで。
 

|

« 教育再生とは 1 | トップページ | 所信表明演説の本音版 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育再生とは 1 | トップページ | 所信表明演説の本音版 2 »