« アメリカの傲慢さ | トップページ | 憲法を一貫して無視してきた人達 »

2006年9月23日 (土)

法律以前の問題小泉首相の話

 東京地裁の判決に対しての意見。
 「法律以前の問題ではないか。人間として国旗や国歌に敬意を表するのは」。

 決まりがあろうとなかろうと無条件に起立・斉唱して当然。
 この考え方異議が在ります。

 まず国旗・国家法は国民的支持の下で成立したのか。
 国民的議論のばを作ったのか。
 国会での多数を頼みごり押しして成立させたのではないのか。
 法律以前の問題なら、何故法律を作ったのか。

 こどもが生まれたときから、国旗・国歌は敬うべきものと教育し続けなければ、そうは成りません。
 だが、生活もまともに出来ず、国民より大企業・大資産家ばかり相手にしている国に、
 生活出来なくて餓死する現実を無視して、こんな素敵な国と、どうして心からこどもに教えられるのか。
 
 あなた達は現実の国民の生活感を全然共有していない事を、自らの発言で暴露しています。
 愚かといえば愚かですが、こんな人達が一国の指導者に成っていては、国民は不幸ですね。

 世界に対しても恥ずかしいことです。

|

« アメリカの傲慢さ | トップページ | 憲法を一貫して無視してきた人達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカの傲慢さ | トップページ | 憲法を一貫して無視してきた人達 »