« 欺瞞と無責任、安倍氏の論法3 | トップページ | 自虐史観を云いながら、無責任 »

2006年9月 6日 (水)

ビラ配布で地検控訴、取り下げを

 昼間、静かにマンションの集合ポストに、政党ビラを配っただけで犯罪に成る。
皆さん、考えられますか。アダルトビデオ等のビラ配布は、都道府県条例違反で捕まりますが、公安警察による住居侵入罪による逮捕は在りませんでした。この所頻繁に起きているこの様な逮捕と起訴は、言論と表現の自由の侵犯です。東京都議会の報告を、マンションの住民も知る権利が在ります。今と同じ憲法の下で、昔から認められてきたことが、最近に成って犯罪と成る事の異常性を感じましょう。
 私の考えは、法律は守る為にだけ在るのではないと思います。皆が心地良く共同生活していく為に必要なので在るものなのです。一審判決はそこの所を指摘しました。[住民にそれ程の不安感を与えることではなく、必要な政治活動と認める」。交通警察のねずみ獲りの様に、わざわざ隠れていて、捕まえる。こんな事をも許さない戦いが、今非常に大切に成ってきていると思います。表現、言論の自由は守られなければいけないし、こうした都政報告を配る行為が国民の政治的関心を高め、政治を身近なものにしていくのだと思います。それさえ許されないのでは、民主主義とは何なのでしょう。

|

« 欺瞞と無責任、安倍氏の論法3 | トップページ | 自虐史観を云いながら、無責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 欺瞞と無責任、安倍氏の論法3 | トップページ | 自虐史観を云いながら、無責任 »