« 憲法を一貫して無視してきた人達 | トップページ | 礼節で誤魔化す小泉氏 »

2006年9月23日 (土)

自主憲法制定の大いなる嘘

 自主とは文字通り、自らということです。
 憲法を指すなら、国民の意思で決める事です。

 この様に憲法を変えろと、外国から云われて変えるのでは、自主とは違います。
 その外国から、教育基本法も変えろと云われていたら内政干渉です。
 自衛軍を持てと云われていたら内政干渉です。
 その外国から食料も、もっと輸入しろと云われていたらやはり内政干渉です。
 その外国から、外資の規制を外せと云われていたら内政干渉です。
 その外国から大企業の規制を緩和しろと云われていたらやはり内政干渉です。
 その外国から、サラ金の高金利を維持しろと云われたらやはり内政干渉です。
 

 まあこのくらいにして置きますが、内政干渉と言う言葉で表す事の多さ。
 これが現実だとしたら、異常な従属状態の国ですね。

 その外国はアメリカです。
 内政干渉されている国は日本です。

 では、列挙した事を確認します。
 
 戦争が出来る憲法に変えろと云う要求は戦後48年から求められていました。
 教育基本法の改定は53年にハッキリ要求されます。
 自衛隊の前身、警察予備隊は朝鮮戦争の時にアメリカの指示で作られます。
 日本の現在の食糧自給率は40パーセント。先進国最低。世界中で最下位。
 日本の企業に占める外資の割合はどんどん増え続けています。
 日本の大企業を規制する法律はどんどん無くなっています。
 サラ金被害をなくす為の法律が、高金利を許す法律に成りました。


 これを異常と言わないで、なにが異常になるのでしょう。

 これ程アメリカ云い成りの国は、世界中探しても在りません。
 私達の国はこんな状態なのです。
 どこに、自主憲法制定の余地なんかが在るのですか。
 ちっとも自主何かじゃ無いでしょ。

 今の憲法を押付け憲法なんて云っている人。
 当時の政府が出した憲法草案の内容を知っていない人が多すぎる。
 帝国憲法の精神そのままの内容です。

 戦争中から主張されていた国民主権、平和主義、国民の権利。
 国民として当然の内容のどこが、いけないのでしょう。

  

|

« 憲法を一貫して無視してきた人達 | トップページ | 礼節で誤魔化す小泉氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憲法を一貫して無視してきた人達 | トップページ | 礼節で誤魔化す小泉氏 »