« 安倍政権の高い支持率の理由 | トップページ | たった60年で古いと云う感覚 »

2006年9月29日 (金)

所信表明演説全文を読んで

 「私は特定の団体や個人の為の政治はしない」。
 「成長なくして財政再建なしの理念の下、引き続き経済財政諮問会議を活用して、」
 「美しい国の姿を、私は次のように考える。 1、文化、伝統、自然、歴史を大切にする国。
                           2、自由な社会を基本とし規律を知る凛ととした国。
                           3、未来へ向かって成長するエネルギーを持ち続ける国。
                           4、世界に信頼され、尊敬され、愛され、リーダーシップのある国」。
 「日本の農林水産物や食品は国内向けとの固定観念を打破するため、 おいしく安全な日本産品の輸出を、
  2013年までに一兆円規模とする」。
 「本格的人口減少社会の到来に備え、老後や暮らしに心配なく、国民一人ひとりが豊かな生活が出来る、
  安心の社会を構築しなければならない」。
 「年金、医療、介護を柱とする社会保障制度は、本来日本人が持っている助け合いの精神の延長上にあるもの  で、 人生のリスクに対するセーフティーネット であります。自立の精神を大切にし 」。
 [子育て家庭に対する総合的支援、働き方についても、子育てを応援観点から改革を進める」。
 「教育の目的は志ある国民を育て、品格ある国家、社会をつくることです」。


 集団的自衛権の問題と憲法改定の問題を除くと、大体こんな主張です。
 この二つの問題は別の時に取り上げます。

 全体を通して思いますのは、凄く単純な所信だと思う事です。
 何故か。 
  
 最初に上げた特定の団体云々。
 経団連から政策の通知表を貰い、それによって献金額が変わるのに、更に自民党は良い成績で献金額が、
 莫大なのに関係ない顔をしています。

 次に上げた経済財政諮問会議はのメンバーは財界中心です。
 庶民の代表なんか一人もいません。

 美しい国の姿の中で、ご自分で歴史家が決めると云っていたはずの、歴史が含まれているのは変。

 日本の農業を破壊し続けたのは、自民党でしょう。
 減反、減反を押付けた自分達のことは、まるで他人事。
 日本の食は安全という事は、安全ではない、日本と関係の深い国が在るということですね。

 国民が豊か?ここまで云うと本当に無責任です。

 お年寄りから介護ベッドを取り上げているのは自分達なのに、これも他人事。

 社会保障は国民の助け合いと云って、国の責任を投げ捨てる。(更に言えば助け合いの心は日本人だけでは在りません)

 子育て支援?
 現実の職場で起きている実態を何も知らないか、とぼけている。
 出産で休みを取った女性労働者が、評価が下がり給料が激減しているのです。

 教育の目的を勝手に変えてはいけません。
 教育基本法には、教育の目的は、人格の形成に在る、と書かれています。
 
 全体的に、日本人の優越性が貫かれています。
 伝統も文化も、それぞれの国民、民族が、同じように大切なものとして持っているものです。
 それらを蔑ろにしてきたのは、あなたの祖父も含め、あなたの盛んに云う明治維新からの事では在りませんか。
 そしてあなたの云う伝統とはそれ以後の政体を指しているのです。
  

|

« 安倍政権の高い支持率の理由 | トップページ | たった60年で古いと云う感覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍政権の高い支持率の理由 | トップページ | たった60年で古いと云う感覚 »