« 自主憲法制定の大いなる嘘 | トップページ | 平和と福祉の公明党? »

2006年9月23日 (土)

礼節で誤魔化す小泉氏

 今の政治家が、礼節等と国民に云えるか。
 更に、判決より、教師の態度の方が問題。
 と、云う事は判決がおかしいという事。
  
 私は言いたい。
 礼儀だ何だ国民に言う前に、国家は態度で国民に模範を示しているのか。
 アジアの人々には最大な失礼なことをしていながら、あなたから礼節何て言葉を聴きたく無い。。
 大体から、あなたは礼節の意味を知っているのか。
 それさえ疑問に思う。
 高齢者さえ大事にしない政治をしながら、よくも図々しく云えた物だ。
 こどもに何と云って説明するのだ。
 そんな説明も出来ないだろう。
 私は怒っている。
 こどもに押付ける事だけが教育だと.国歌を斉唱させれば、教育現場の規律を取り戻せるのか。
 一体教育現場の規律とは何の事だ。
 馬鹿も休みやすみ云え。
 今まで自分達が教育方針を決めて、基本法を無視して、押し付けてきた事も忘れたか。
 それに逆らう先生や、生徒を、敵視してきた事も、忘れたか。
  
 自分達が優れているなんて思いながら、礼儀を語るなぞ、失礼だ。
 

|

« 自主憲法制定の大いなる嘘 | トップページ | 平和と福祉の公明党? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自主憲法制定の大いなる嘘 | トップページ | 平和と福祉の公明党? »