« 66パーセントの校長先生が反対 | トップページ | 歴史家が判断すると云う歴史認識 »

2006年9月16日 (土)

弱い者は去り、強い者は残る

 竹中平蔵氏の言葉。構造改革の事だそうです。
後、任期四年を残して、議員辞職です。弱肉強食の世界を小泉氏と作り出した張本人、後の事は知らない。

 無責任です。その後の現実に対して、配慮することや、手直しする事だって在るでしょうに。
後は野となれ山となれ。
 現実に自分が推進した郵政民営化だけでも、色々の問題点が出てきました。
それに対して責任を負うのが人間のすべき事ではないでしょうか。
 明日から民間人だから知らないは、無責任政治を象徴しています。

 

|

« 66パーセントの校長先生が反対 | トップページ | 歴史家が判断すると云う歴史認識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 66パーセントの校長先生が反対 | トップページ | 歴史家が判断すると云う歴史認識 »