« 無責任極まる公明党の態度 | トップページ | 強制した愛国心のその後の教訓 »

2006年9月22日 (金)

当然の地裁判決

 国旗、国歌を強制的に歌わせることは、憲法と教育基本法に違反しているとの、
 東京地裁の判決を心から喜び、感動しています。

 今度の臨時国会の主要論点に教育基本法を据える安倍氏の内閣が成立する前に、
 非常に大きな力を得ました。

 そもそも、心の問題を強制しなければ満足しない心の方が、余程問題です。
 今は教職員に強制している訳ですが、この考えを推し進めれば、各家庭にもいずれ波及してきます。
 公立学校の児童、生徒には、すでに影響が出ています。

 自分が歌わなければ、先生が処罰される。どうしよう。
 若者に、そんな思いまでさせているのが現実です。

 一体教育とは何なのか。
 その教育の現場に、戦前のように、特高警察官が出張ってきて、「お前は歌わなかった」とか、
 「お前の教え子が歌っていない」。だから「逮捕する」のと同じでは在りませんか。
 
 強制しなければ歌われない歌なのですか。
 強制しなければ掲揚されない国旗なのですか。
 それだけ国民の間にも意見が色々在る問題なんです。
 地裁判決もそこを指摘しました。

 国旗・国歌法の時も、強制すると、云えば反対されるから強制出来なかったのです。
 そんな事も解からない安倍氏は、その時強制するとしておけば良かったなぞと云っています。
 
 今度は基本法を変え、憲法も変え、堂々と強制したいのでしょう。
 自分が、愛されていないのに、しつこく迫る馬鹿の振りして、確信的に実現したいのです。

 国民から、この国に産まれて来て良かったと実感できる国にする事が本当ではないですか。
 まず第一にするべきことです。

|

« 無責任極まる公明党の態度 | トップページ | 強制した愛国心のその後の教訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無責任極まる公明党の態度 | トップページ | 強制した愛国心のその後の教訓 »