« 弱い者は去り、強い者は残る | トップページ | 創価学会の方へのお手紙 »

2006年9月16日 (土)

歴史家が判断すると云う歴史認識

 本当におかしな認識です。
歴史家の判断を待つものならば、自ら歴史認識成るものを語ってはいけないはずです。

 日本がかつて、アジア侵略戦争をしたことや、従軍慰安婦の事実を教えることを、自虐的と云っています。
それは事実と違うと考えるから出る意見ですよね。安倍氏の中では、歴史家の意見を待つまでも無く、一つの思いがある証拠では無いでしょうか。歴史認識が。それを国民に押付けようとしている。

 この程度の事さえ解からないで、国民を納得させようとは、国民を馬鹿にしているか、本人自身が無知なのか。

 しょせんボンボン。
私に言わせれば、自民党もこんな人を総裁候補にしなければ成らないほど人材不足なのですね。
 だって、政治をした事も、外交をした事も無い人。

 生活感の無い人。自分の思いにナルシストのように、ナルシストとは自己陶酔する人。
馬っ鹿じゃないの。

 マスコミに育てられた国民も、マスコミの意思に流されてはいけないと思います。
顔が優しそうだから安倍さんがいい。
戦う政治家なんて素敵。

 馬っ鹿じゃないの。アメリカとは戦わない政治、言いなりの政治。

|

« 弱い者は去り、強い者は残る | トップページ | 創価学会の方へのお手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弱い者は去り、強い者は残る | トップページ | 創価学会の方へのお手紙 »