« 無知の暴露、安倍首相 | トップページ | 再チャレンジ、空しいです »

2006年10月 2日 (月)

NHK受信料を私は今払わない

 受信料拒否は多く成っていますが、これは、経済的理由の人の方が少ないと思います。
 他の人のブログで、お金が在っても給食費を払わな人が現実に居ると言う記事を読みましたが、
 その中で受信料の問題も一緒くたに語るのはおかしいと思います。

 それとこの問題を一緒にしてはいけないと思います。
 何故ならば、NHKは公共放送であって、政権党放送ではないのです。
 国民の支持無しでは成り立たない放送局です。
 
 それなのに、放送総局長までが、放送前に事前に、自民党に番組の内容までお伺いを立てる等の行為 
 をし、番組の内容を変えた事は許される事では在りませんでしょ。
 更に内部告発した人に対して、国会の場で、自民党の議員の質問に答える形で、「処分を検討している」。

 現実に告発者は、現場から外されました。
 この実態が現実なのですから、放送法の言う、公正な報道が犯されているのです。

 更にこの放送の内容は、従軍慰安婦の問題でした。
 説明に行ったNHKの人が逢った議員は、今の安倍首相と、中川自民党幹事長です。

 従軍慰安婦はいなかった、或いは強制ではなかったが安倍首相の持論です。

 それに従った内容に変更された事実は重い。
 
 NHKは、自身の係わる事態は、ゴールデンタイムのニュースに載せないのです。
 夕方の6時から九時半まで、ニュースを見ていましたが、放送しないのです。
 政治権力と放送の癒着を、ニュースに流さない事は、許される事では在りません。

 その後、NHKが、改革会議みたいなものを立ち上げましたが、そのメンバーのおかしなこと。
 視聴者や、NHKの働く人々は誰もいません。
 政府の諮問会議と同じで、国民不在なのです。

 そうまでして、守る何かが、NHKに在るのならば、
 罰則を付けようが何しようが、私は払わない。

 公共放送なんでしょ。

 

|

« 無知の暴露、安倍首相 | トップページ | 再チャレンジ、空しいです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無知の暴露、安倍首相 | トップページ | 再チャレンジ、空しいです »