« 基本法改定案の大きな問題点 | トップページ | 世論の力高金利導入撤回させる »

2006年10月24日 (火)

法律の限界とは

 法律で決めてはいけない事です。
 もし、法律が何でも決めて良いのなら、堅苦しい住みにくい世の中に成るからです。
 伸び伸びとしたこどもの成長も望めないでしょう。
 自主性に充ちた人間も産まれないでしょう。
 お互いの協力関係も出来ないでしょう。

 何故なら、法律が決めた事を行動するか、或いはそれしか出来なくなるからです。
 
 心の自由も、だから法律が口を出しては成らないのです。
 その心の発露である態度も、法律で評価してはいけないのです。
 ましてや、こどもに、幾つもの徳目(こう在るべきみたいな事)を指定し、態度で評価するなんて事は、およそ教育
 とは無関係な事です。百害あって一利無しです。

 でも、見方を変えると、その方が得する人びとがいる事に気付きます。
 法律を自分たちの為に作れば特なのです。

 つい先日経団連の御手洗会長が、法律が悪いから法律を変えろと要求しました。
 何の事でと申しますと、キャノンというメーカー、実は御手洗氏の会社ですが、正社員にしないで偽装請負の労  働者をたくさん不法に使用していたのです。それが暴露されて云った言葉です。

 驚きますけど、こういった財界の人や、それから献金を貰う人には、都合が良いでしょう。
 それと国家、国家という人達にも、使い易いおとなしい人間ばかりに成って良いでしょう。
 今でも土地収用法なんて法律、彼等には役立ちます。
 国民保護法なんかもそうです。国民に強制できるんですから。

 だから彼等は法律を作りたくてしょうがないのです。
 国民に法律の限界なんて知って欲しくありません。

 でも、私は主張します。
 この言葉は私の造語ではなく、法律の在り方を知っている方なら常識なのです。

 後に最高裁長官を務められた田中耕太郎氏の言葉を引用します。(当時は文部大臣)

 「なにも規定しなければアナーキーがくるだろう。しかし、反対に、もし法が教育の隅々まで規定するようになれ  ば、教育はその溌剌たる生命を失い、死物かしてしまう」。

|

« 基本法改定案の大きな問題点 | トップページ | 世論の力高金利導入撤回させる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基本法改定案の大きな問題点 | トップページ | 世論の力高金利導入撤回させる »