« 考えるな、疲れるまで働け | トップページ | 相変わらず国民の味方づら »

2006年10月28日 (土)

防衛庁を防衛省に格上げ法案審議入り

 最近国会に提出される与党の法案の共通点。

 教育基本法改定案は、教育に対する国家の無制限な介入を許し、それぞれが持つ心の自由を強制します。
憲法改定手続き法案は、最低、国民のたった2割の賛成で改憲が成立し、世界中で戦争できる国を目指しています。
防衛庁昇格法案は、自衛隊の海外派兵を本来任務にする、根本的改悪を狙っています。
地方分権一括法案は、行政の簡素化を目指し、国家の責任逃れを狙っています。
今度の国会には提出をあきらめた共謀罪法案は、犯罪を犯して無くても捕まります。

 共通点。戦前の法律に近い法律を作ること。
安倍首相の云う伝統の元、明治天皇制政府の時代に戻す法案ばかり。

|

« 考えるな、疲れるまで働け | トップページ | 相変わらず国民の味方づら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考えるな、疲れるまで働け | トップページ | 相変わらず国民の味方づら »