« もう終わった話、安倍首相の発言 | トップページ | 伝統伝統という愚か者の馬鹿の一つ覚え »

2006年10月18日 (水)

原爆、原爆。通常兵器では無い

 もう、言葉さえ発せられない被爆者と、被爆し、苦しんでおられる人々と、二世、三世の方々と、亡くなられた多くの国民の方々に代わって、私が知る限りの、そして私に反論したくてしょうがない人間の反論を許さない言葉を、
書きます。

 およそ爆弾という物は、人を殺し、焼き、傷つけるものです。
焼夷弾もその一種です。ですから焼夷弾の被害に在った多くの方も、原爆の恐ろしと同じ恐怖を感じられたと思います。
 戦闘機からの機銃掃射もそうです。

 私が住む前橋にもアメリカの戦闘機が来て、焼夷弾の雨を降らせました。

 原爆の違いは大きく言って、三つの、通常爆弾との差異が在ります。
一つ目は、たった一発の爆弾が炸裂する事によって、突然見渡す限りの範囲を超えて、全滅させることです。
二つ目は、後からの後遺障害と、こども、孫、そのこどもまでも含めた多くの原因不明とされる障害を伴う事です。
(原因不明の理由には、原爆症の今までの実例が無い事と、それを都合良く解釈して無関係を主張したからです。)
三つ目は、被害を知って救助に行った人々も二次被害者、三次被害者にすることです。

 この三つは、大きく他の爆弾との違いです。
一つ目は、逃げようが無い事です。それも人間を熱で溶かしてしまう程の高熱な事。
二つ目は、何世代にも渡って悲劇を繰り返す事。
三つ目は、その場に居なかった人にも、被害を拡げること。

 私達は愚かで無いのなら、こんな非道な爆弾を二度と再び使わせてはいけない。
 この原爆に近い物は、劣化ウラン弾として最近、アメリカ、イスラエルによって使われています。

日本人の被害は正確に言えば三回在ります。
広島、長崎、ビキニ環礁。

 私は戦争その物に反対ですが、何故か、知恵を持った人類のすることでは無いからです。
 だが、戦争をすると儲かる者が居て、色々な資源を自由に出来て、国家が繁栄すると云っている馬鹿者が居ます。国民一人一人は、兵隊に成って、命を投げ出すのです。

 ああ 許すまじ 原爆を 三度許すまじ原爆を 我らが手に

|

« もう終わった話、安倍首相の発言 | トップページ | 伝統伝統という愚か者の馬鹿の一つ覚え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう終わった話、安倍首相の発言 | トップページ | 伝統伝統という愚か者の馬鹿の一つ覚え »