« 法律の限界とは | トップページ | 改憲国民投票法案の恐ろしさ »

2006年10月25日 (水)

世論の力高金利導入撤回させる

 サラ金の高金利を守り、更に儲けさせる与党案を、撤回させました。
 
 24日、自民党と公明党は、出資法の上限金利(年29.2パーセント)と利息制限法の上限金利(年15~20パーセ ント)に挟まれたグレーゾーンの撤廃後、期限付きで認める予定だった年25.5パーセントの特例高金利の導入を
 諦めました。また利息制限法の金利区分も現行通りで引き上げない事に成りました。

 更に、債務者の自殺で保険金がサラ金に払われる保険契約の締結禁止も、盛り込む方針に成りました。

 サラ金業界からの献金を自民・公明両党が二千万円近く受け取っていた事が暴露された事や、弁護士会の反  対、国民の反対世論の盛り上がりが、与党を追い詰め撤回させたのです。

 国会の力関係だけでは、政治を動かせない事を雄弁に語る結果です。

 きっと公明党は云いますよ。間違い在りません。断言します。
 「公明党がいたから出来た事で、公明党の成果、成果」と。
 何しろ「成果」大好き党ですから。これも簡単に論破出来ます。何故最初からそうしなかったのか。

 でも私達国民は、一つの大きなそれこそ成果を上げた事に、自信を持ちましょう。
 一人でも多く、多重債務者を救いましょう。

|

« 法律の限界とは | トップページ | 改憲国民投票法案の恐ろしさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法律の限界とは | トップページ | 改憲国民投票法案の恐ろしさ »