« イラク戦争を正当化する異常、安倍氏 | トップページ | 安保闘争とトロツキスト »

2006年10月 9日 (月)

北朝鮮核実験を心から怒る

 北朝鮮政府は、何も、世界の国民の事を考えない政府である事を世界に示しました。
 それは北朝鮮の国民にとっても、何もいい結果を作らない。

 昔、ちょっと昔というには新しい事なのですが、ロシア革命を1917年にレーニンが指導して成功させた後に、トロ ツキーという人が、大変な役割を持って出現します。
 この人は、日本の60年安保闘争の時にも影響を及ぼした人なのですが、彼の主張を受け継ぐ人びとをトロツキ  ストと呼ぶのですが、彼等は過激な事を主張し、過激な行動に出るのです。それによって、より過剰な国家の反 応を呼び出す役割を持っていました。

 これと同じ役割をしているのが、北朝鮮です。
 かの国が、過激なことをすればするほど、日本の過激な主張を当たり前のことにするのです。
 日米同盟を更に強化して、ミサイル防衛も当たり前の事態にしてしまうのです。
 
 北朝鮮は社会主義を名乗っていますが、こんな野蛮な国は社会主義とは何の関係も在りません。
 世襲制度の指導者なんて、世界に在りません。
 国民を貧困に追い込みながら、何故核実験なのでしょう。
 私には理解できないし、断じて許せない事です。

|

« イラク戦争を正当化する異常、安倍氏 | トップページ | 安保闘争とトロツキスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イラク戦争を正当化する異常、安倍氏 | トップページ | 安保闘争とトロツキスト »