« 高齢者の孤独と寂しさ政治の行く先 | トップページ | 再びNHK受信料を今は拒否します »

2006年10月23日 (月)

いじめ自殺した母の訴え

 あのこは本当にやさしい子でした。
 馬が好きで・・・ディープインパクトの騎手武豊さんから送られてきたものなんです。(祭壇に置かれた色紙は)
 バレー部の仲間や女子生徒たちからもいただきました。
 私たちは、あの子が何故命を絶たなければならなかったのか、真実を知りたいのです。
 学校や行政はいじめの実態をふさぎ続けていると思います。
 何故真実を明らかにしようとしないのでしょうか。
 真実をお話しくださって、いじめをなくすためにたちあがっていきましょう、と言ってくだされば私たちも納得するで しょう。
 いじめに関係した生徒さんの何人かがお話しにこられ、夜もねむれないとか、罪の重さを感じているようです。
 その勇気は、私はすばらしいと思います。子どもたちは自ら立ち上がろうとしているのに、おとなたちは真実
 に背をむけ、第二の犠牲者を出そうとしています。
 あの子を亡くし、色々なことを教わりました。
 命を絶った二日後に一人の女の子が、こんないじめがされていた、と証言してくださいました。
 私たちは勇気をいただきました。その女の子は五年生の時にいじめられ、あの子が助けたんです。今度はその
 女の子が立ち上がって、証言してくれたんだと思います。
 文部科学省はいまいじめ問題で敏感に動いていますし、安倍総理も教育の問題を取り上げようとしています。
 学校や行政の体質を変えていきたいということを国に訴えていきたいと思います。
 それから教師は教育者である前に人間であり、人間として成長すべきではないでしょうか。
 いじめは、学校や親の見えないところでも起こると思います。
 いじめられている子を守る為、情報を集め学校や親に発信する、いじめハウスのようなものもつくっていくべきで はないかと思っています。(松浦賢三氏の編集文より) 

|

« 高齢者の孤独と寂しさ政治の行く先 | トップページ | 再びNHK受信料を今は拒否します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者の孤独と寂しさ政治の行く先 | トップページ | 再びNHK受信料を今は拒否します »