« 日本の近代史ののまとめ | トップページ | 基本法強行採決に思う »

2006年11月15日 (水)

基本法改悪の中身を見せた強行採決

 今日15日、中央公聴会を開催した直後に、衆議院特別委員会で自民党、公明党だけで採決を強行をしまた。

 ことは重大な法案で、これからの教育の基本を定める法案です。こども達に今現実に、大問題が在るにも係わらず、これら一連の事態が基本法とどんな係わりが在るかも吟味しないで、更に、やらせ質問等が明らかになっている状態の下で、この改悪法案を採決強行したことは、改悪法案の正体を国民の前に示した結果と成りました。

 人の意見は聴かない事。中央、地方公聴会は開けばよいので、何も意見を吟味する必要は無い。
 国民の意見はやらせが在ろうが聴いたことにする。
 こどもの未来は、多数を獲った(自分たちに都合のよい選挙制度を作った結果で在っても)政治家が決める。
 教育者の意見も、校長先生達の意見も、政府の提案した法案の為には何も参考にしない。
 こどもの成長は家庭が責任を持つのだが、その家庭の状態は政府と経団連で決める。
 国家権力の強さを示す。

 いそいで、議論しないで、自殺するこどもいようが何でも、早く通過させなければこの改悪案はおかしい事だらけで、国民に解かってしまう。

 これから彼等が目指す方向が、ハッキリ国民にも解かったと思います。こどもなんて無関係なのです。
 何も問題提起をしなかった大手マスコミは、時代の犯罪者だ。
 私はこんな国愛せない。だから心から自然に愛せる国を作る為に頑張ります。

|

« 日本の近代史ののまとめ | トップページ | 基本法強行採決に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の近代史ののまとめ | トップページ | 基本法強行採決に思う »