« 基本法が変えられるのか | トップページ | 教育基本法改悪強行に強く抗議する »

2006年12月15日 (金)

勝利の旨酒に酔う自・公の人達へ

 美味しいですか?今はさぞ美味しいと思いますよ。改悪反対を主張していた私達は、肩をすぼめてガッカリしていると思っているのでしょうね。国民の声もやらせと、大量動員で、数を頼みに強引に押しとうしただけのこと。
但し、決めた事が、今までの強行採決する法案とは違って、大それた、憲法に準じる教育基本法だったことは、あなたたちの命取りに成ります。将来の、あなたたちが関与出来ない教科書に、歴史を逆行させようとした政党として、名前が残りますよ。嬉しいでしょ?

 何故そこまで私は断言するのか。あなたたちは、アメリカの眼鏡を通してしか世の中、世界を見られない。見ていない。だから防衛省にしたし、アメリカの云いなりに自衛隊の任務を海外派兵にしたのです。でも、そのアメリカが、今や世界で孤立してきた事実を、客観的事実として捉えられない。世界最強の軍隊を持つアメリカが、イラクで、アフガニスタンで、ベトナム戦争と同じで勝利出来ない。敗北している。今世界は、軍事ではなく、対話の時代になっているのに、相変わらず軍事力に頼り、それこそ鬼の金棒だと思っている愚かな国である事を、あなたたちは解からない。昔はアメリカの裏庭と云われた南アメリカ大陸では、今、殆どが反米政権です。20世紀前半までは植民地だった国も国連加盟国となり、今、どの国とも軍事同盟を結ばない、非同盟諸国になって、世界で大きな発言力を持っています。
 
 今日位、美味しい酒をどうぞ。僅かな期間。

|

« 基本法が変えられるのか | トップページ | 教育基本法改悪強行に強く抗議する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基本法が変えられるのか | トップページ | 教育基本法改悪強行に強く抗議する »