« 勝利の旨酒に酔う自・公の人達へ | トップページ | 歴史の必然性を知らない愚か者の政権 »

2006年12月15日 (金)

教育基本法改悪強行に強く抗議する

 伊吹文科相は昨日の委員会強行採決の後、「この理念法の上に、時代にあった日本人をつくっていくという作業の重さにおののいている」と云いました。愚か者は本音を云ってしまうのです。政府がこれからは日本人を作るということです。委員会で、何度聞かれても、何故基本法を変える必要が在るのか答えなかった大臣が、ポロリと云った一言で全部解かりました。こんなこと、答えられる訳ないですよ。時の政府の思うような子どもを育てたかったんです。だから、国の徹底した行政指導をする為に、元の基本法第十条、「不当な支配に服することなく・・・」を削除したのです。伊吹大臣はさらに云いました。「不当だと思ったら裁判に訴えればいい」。こんな馬鹿な話在りますか。東京都教育委員会に対して、東京地裁は、憲法違反だと判決を出したのに、控訴し、最高裁まで争う姿勢です。何年係るのか。子どもは卒業してしまうでしょ。こんな無責任なことを平気で云える大臣です。文部科学省の大臣です。こんな人が。馬鹿もいい加減にしろ。

|

« 勝利の旨酒に酔う自・公の人達へ | トップページ | 歴史の必然性を知らない愚か者の政権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝利の旨酒に酔う自・公の人達へ | トップページ | 歴史の必然性を知らない愚か者の政権 »