« みんな子どもは可愛いし、孫も可愛いのに何故 | トップページ | 矛盾、矛盾、矛盾、むじゅん。 »

2006年12月 6日 (水)

八時間労働は働く者の権利、それをぶち壊す財界

 何故八時間労働に成ったのか。20世紀始めは10時間労働も当たり前でした。21世紀の今、無制限労働時間制を財界は取り入れようとしています。裁量労働制がそれです。一日は24時間です。8時間働いて、8時間寝て、8時間家族と過ごす自由な時間。これが8時間労働制の始まりです。それまでは無権利状態で、女性、子ども関係なく徹底して働かされました。汚い部屋で結核になろうが、衰弱死しようが誰も責任を取りませんでした。

 今財界が要求している事は、この無権利状態を再現することなのです。非正規雇用の労働者も、三年経つと、企業主は正規雇用になるか聴かなければいけません。これを無くそうとしているのです。ある民間の学者は政府の委員と成って、「これは3年経ったら首切りに成る人を、首を切らせない法律をつくるのだ」、と云います。

 チョと待て。3年働いたら、正規雇用の道が在ると云わなければいけないのがのが今の法律です。では、この法律が出来ると、雇い主は云わないですむのです。首切りの自由は法律ではなく、雇い主の自由になるのです。

 こんないい加減な学者かなんか知らないけれど、人を騙すにも、もうちょっと云い方が在るでしょうに。

 私達は馬鹿同然に扱われているのです。

|

« みんな子どもは可愛いし、孫も可愛いのに何故 | トップページ | 矛盾、矛盾、矛盾、むじゅん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みんな子どもは可愛いし、孫も可愛いのに何故 | トップページ | 矛盾、矛盾、矛盾、むじゅん。 »