« 許せないと想ったら、声を出しましょう | トップページ | 来年こそは真面目に働く庶民に栄光あれ »

2006年12月27日 (水)

人を見る能力も無い安倍首相

 こんな内閣珍しい。発足して三ヶ月で、自分で選んだ重要なポストの人間がもう二人も欠陥だらけの、いい加減男だったなんて。1人は公務員宿舎も無駄だから処分しろと要求しながら自分は愛人と高級宿舎に入っていたほんまにアホな、国民を馬鹿にした本間前税制会長。法人税引き下げ庶民負担はどんどん引き上げの急先鋒だから安倍首相が直々に選んだ人。もう1人は私の地元群馬選出の行政改革大臣佐田氏。在りもしない事務所とやらに七千八百万円も支出していました。それも十年間に渡って。行政を改革する大臣ですよ。こんな人に何が改革できると考えて選んだのでしょう。安倍首相はよくおっしゃいます。「豊富な知見を持っている方だから」。

 その目が、信用できませんね。やはりボンボンなのです。こんな人が国の舵取りをしようというのだから、先を見る目も怪しいものです。たった三ヶ月で、ボロボロ。任期中に憲法改悪ですって。いったいいつまで自分が首相でいられると思っているのでしょう。そのボンボンぶりが馬鹿みたい。こんな人に私は、政治を任せられない。

|

« 許せないと想ったら、声を出しましょう | トップページ | 来年こそは真面目に働く庶民に栄光あれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 許せないと想ったら、声を出しましょう | トップページ | 来年こそは真面目に働く庶民に栄光あれ »