« 国民の理解が得られていないから | トップページ | 公立小中学校に交番を設置かな »

2007年1月20日 (土)

民主党は「自由」民主党と同じ財界志向

 国民の多くは、民主党は自民党とは違った政治をしてくれるのではないかと思っていませんか。
ところが財界はちゃんと解かっています。同じエサに飛びつく財界志向の政党であることを。財界の出す成績表に良い成績をとろうとする政党であることを。財界は、自分達の作った成績表で献金額を決めます。そのポイントは、
憲法「改正」に賛成すること。法人税減税に賛成すること。日米軍事同盟の強化に賛成すること。この三つです。
 民主党は、スリスリしています、財界に。企業献金欲しさだけではありません。それは献金も欲しいけれど、実は民主党結成の時からの本質でもあるのです。鳩山由紀夫氏が結成時に語った言葉。「自民党が人気を失い、多くの国民の票が、共産党に行っては困る。それを阻止する為に民主党を作った」。もう一つ今の民主党をみて思うことが在ります。結党時は「党として何かの方針を決めて、党員を縛る事はしない、新しい形の党」。そんな事を私は記憶していますが、何の事は無いありきたりの党。要するに、財界にとって一番怖い共産党を伸ばさせなくする為に作られた、作ったではなく、作られたと言うのは鳩山氏が作ったのではなく、財界の意向で作られたと言う意味です。自民党の人気が落ちれば、民主党に票が行く。財界は安泰です。自民党と民主党と、どっちが財界の為に働くか。同じなのです。そうでなければ作らない。二つを競わせて、片方は国民の立場に立つような顔だけ国民にイメージさせて、実際は成績表で財界の利益の為に使う。
 ここで私は一つのことをハッキリさせなければ成らないのです。財界の利益は国民の利益と相反する。財界が利益を上げる為には、どこかで儲けなければならない。それが詐欺的手段であったなら、そんなものは続かない。
例えば、不当に高く売る。いずれ正当な値段の商品に負けるでしょう。十円で出来たものを三千円で売っていれば、売れ続ければ馬鹿儲けが出来ますが、そこで同じ十円の原価で同じ商品が百円で売りに出れば、それに負けます。では、どこで儲けを出すのか。誰が見ても不当なところから儲けは出ない。ハッキリしています。でも、自分の肉体の働らける能力しか持っていない人々は、工場や、機械を持っている人に雇われなければ生活出来ないのは当たり前です。このあいだの何処かに、機械を、工場を持っている人間が儲けられる場が在るはずです。
 それが限りない長時間労働であり、残業代収奪労働なのです。男女機会均等法による、性差を越えて働かせ続ける、一見平等そうな法律によって実は、財界は大儲けをしているのです。この法律によって、多くの女性がパートになりました。何故か。深夜業務も正当なことに成ったからです。正社員でいる為には、深夜も働かなければいけなくなったのです。子どもが小さければ、無理な事です。社会保険も無くなります。財界の豊かな金持ちは、人前ではいつもニコニコしています。ニッコリ笑って人を殺す。民主党よ。あなたはどっちの味方なのか。

|

« 国民の理解が得られていないから | トップページ | 公立小中学校に交番を設置かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国民の理解が得られていないから | トップページ | 公立小中学校に交番を設置かな »