« アフリカ大陸にも拡がる九条の共感 | トップページ | 盲導犬のエサ代(六十万)は削るが自分は一千万を超える豪華エサ代 »

2007年1月29日 (月)

人を人と見ない政治の現われ、当然の暴言

 厚生労働省の大臣柳沢の発言は、たとえ直ぐ取り消しても絶対許されない発言です。普通の感覚を持った人間ならば、思いつきもしない言葉、女性を「子どもを生む機械」。ずーっと長い間人間を大切にしない政治が続き、その行き着く結果なのでしょう。国民の皆さん。お考え下さい。厚生労働省とは一体誰のための省かと私は先日のブログに書きましたが、実際にこんな人が大臣しているのです。こんな人間が、日本の少子化を語るなんて可笑しい。その少子化の問題でこの問題発言が出たのです。最近の政府の大臣、関係者、自民党の幹部の発言は条規を逸しています。思い出す一部を書きます。一番古いところで、三浦朱門。この人は教育関係の委員長をしていました。「頭の悪い人間はせめて素直な心を持ってもらう」。これは簡単に言えば「お前達馬鹿は政府の云うとおり兵隊にでもなれ」です。江崎玲於奈も同じ。「教育にDNAを取りいれ、才能の無い子は最初から教育しない」。こども達を希望の無い世界に放り込む、およそ人間を認めない政治の代表です。古い順では無いのですが厚生労働省の馬鹿大臣が、サラリーマンからの残業代収奪法案をあくまでも提案しています。少子化の反対策にもなります。核兵器の唯一の被爆国日本で、核兵器を持つ事も検討すべきだといった中川政調会長。吉田茂の孫らしいけれど、あの品の無い外務大臣も同じ主張。安倍も、日本は表現の自由があるので問題にしないとのこと。私も表現の自由を使わせて頂いて、安倍と呼つけ。経団連の会長御手洗が、「労働者は飯を食って、うんこをする機械の部品」等と云ったら、みんな怒るでしょう。今の政治は一人一人の人間を大事にしていないから、暴言がはびこり、許されてしまう。柳沢もキット無処分。

|

« アフリカ大陸にも拡がる九条の共感 | トップページ | 盲導犬のエサ代(六十万)は削るが自分は一千万を超える豪華エサ代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アフリカ大陸にも拡がる九条の共感 | トップページ | 盲導犬のエサ代(六十万)は削るが自分は一千万を超える豪華エサ代 »