« タブーを崩すことこそ意義あり | トップページ | 教育基本法改悪に励まされました »

2007年1月 5日 (金)

部落開放同盟幹部の堕落

 この一年です。特に関西で起きていることは、開放なんて言葉と無関係な犯罪です。
昨年五月、大阪東淀川区の開放同盟飛鳥支部長だった小西邦彦が六億円にのぼる業務上横領で逮捕。
昨年八月大阪八尾市の解放同盟安中支部相談役が恐喝、傷害、詐欺で逮捕。
京都市で、市の職員十六人が懲戒免職、逮捕者は十三人。開放同盟田中支部長、酒井は、生活保護費を窃盗し業務上横領で逮捕。
奈良支部協議会副議長中川は、五年間にわずか八日間しか出勤していなかったにもかかわらず二千万円も給与を受け取って職務強要罪で逮捕。
 何かを開放する志とは、無縁なヤクザの世界です。

|

« タブーを崩すことこそ意義あり | トップページ | 教育基本法改悪に励まされました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タブーを崩すことこそ意義あり | トップページ | 教育基本法改悪に励まされました »