« 政治を動かした難病患者さん達の感動的闘い | トップページ | 何でも日本人の誇り、日本人でなければ助けないと云うのかそれは度日本人は優れているのか »

2007年2月13日 (火)

巡査の死に想う

 53歳といえば私と大して違わない歳です。ホーム下にいる女性を助けようと思って自分が亡くなってしまいました。私ならどうしただろうかと考える人間ですが、何もしなかった自分を責める体質ですから、私も飛び込んだと思います。この方は偉いと思います。瞬間に判断するのですから。それは警察官だったからではないと思います。
優しい心ねを持った方だったのだと思います。駅前交番でも、いつもこども達に優しい声をかけ、親切な方だったと報道で知りました。この巡査さんは亡くなってから部長に成りましたが、警察社会は、公安上がりが幹部になる
社会です。ずっと駅前交番の巡査だった宮本部長に敬意を表し、弔意を捧げます。安らかにお眠り下さい。

|

« 政治を動かした難病患者さん達の感動的闘い | トップページ | 何でも日本人の誇り、日本人でなければ助けないと云うのかそれは度日本人は優れているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政治を動かした難病患者さん達の感動的闘い | トップページ | 何でも日本人の誇り、日本人でなければ助けないと云うのかそれは度日本人は優れているのか »