« 巡査の死に想う | トップページ | 今最高に幸せですか、好景気の中 »

2007年2月13日 (火)

何でも日本人の誇り、日本人でなければ助けないと云うのかそれは度日本人は優れているのか

 一人の警察官が行った事は、前回のブログで書きました。一人の人間として、行くべきか、行かざるべきかを、一瞬まよたっであろう人の行動を、あくまでも職務に忠実であったなぞと云うのは不謹慎です。では、職務ではない人が同じ行動をとったなら何と云うのか。それも、日本人としての誇りなぞと云われたら、外国人は、このような時何もしないと云っているのと同じですよ。日本人が優れている事の証拠作りに、この事件を利用するべきではないし、あなた自身の本当の心を見直したほうが良い。首相が馬鹿に見える。 

|

« 巡査の死に想う | トップページ | 今最高に幸せですか、好景気の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巡査の死に想う | トップページ | 今最高に幸せですか、好景気の中 »