« 規制緩和は国民に、何を招いたのか | トップページ | こども達に説明できないことは間違っている 2 »

2007年3月14日 (水)

こども達に説明できないことは間違っている 1

 いつのまにか、こども達に説明できない事が多くなったと思いませんか。
最初の発端は、憲法に戦力を持たないと書いてあるのに自衛隊を持ったことにはじまります。皆さんに憲法第九条の全文を知って頂く為に、改めて書きます。
 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力を保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 解かり易い文章です。この憲法前文では、何故そうするのかが、解かり易く書いてあります。
 憲法全文 日本国民は、政党に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民と協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。・・・・日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。
 ここの憲法が出来て間もなく、自由民主党が、憲法改定を党是として結党され、国家の名誉にかけて誓ったことを、途端に破る政党が出来たのです。それもアメリカの提案でです。1948年ごろから、戦後まだ三年経っていない頃から、アメリカの占領政策は、アメリカの利益の為の政策に変わるのです。安倍首相の云うような、戦後レジーム(体制)からの脱却によって、本当の占領が終わるなんて嘘です。この人を可愛がって育てた祖父、岸信介なぞ、私に言わせれば、日本人の恥です。この間まで鬼畜米英等と言って国民を炊きつけて、途端の苦しみを与えていたくせに、今度はアメリカの手先。安倍首相も同じ。占領体制を終わらせる等と云っても、事実上のアメリカ占領下ではないですか。基地再編費用も日本が喜んでだす。国民には基地負担軽減の為なぞと騙して。アメリカ軍に対するいわゆる思いやり予算もつけ放題。アメリカ軍も正直に認めるように、アメリカ本国にいるよりも、世界のどこにいるよりも、日本が一番安上がり。国民には何の思いやりの無い安倍首相は、アメリカ大好き人間なのです。農産物も、日本の農業なんか破壊してもどんどん輸入しますよ。昔の川柳では在りませんが、安倍が手を擦りゴマを掏る。安倍首相に云わせると、占領国への侘び証文が、憲法前文だそうですが、そう感じる国民は多くない。何故なら、世界の流れは、みなその流れです。平和的、外交交渉で解決する流れです。今時武力だ、武力だ云っているのは、アメリカと、北朝鮮位です。安倍氏はアメリカ派。

|

« 規制緩和は国民に、何を招いたのか | トップページ | こども達に説明できないことは間違っている 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 規制緩和は国民に、何を招いたのか | トップページ | こども達に説明できないことは間違っている 2 »