« 安保によって日本が守られていると云う嘘 | トップページ | 私ごと・・・ »

2007年4月26日 (木)

従軍慰安婦問題は過去の事ではない

 世界的に認知されていることを否定したい安倍氏達の論理の破綻は明らかです。
否定派の発言にも現れています。
 「昔から戦争にはつきものだった」「慰安婦がいたことは誰も否定しない」「拉致事件は現在の問題だが慰安婦は過去の事」「軍の関与を証明するものは無い」「狭義の強制制はなかった」。こんなところだけでも充分です。
 全体を見ると、慰安婦はいたということを認めています。
 それでは伺いますが、慰安婦を誰が集めさせたのか?(指揮・命令)
 昔から戦争にはつき物だったから何だと云うのか?(女性は犠牲になってもしょうがないのか)
 元慰安婦さんが生存しているのに何故過去の事なのか?
 軍の関与を直接見つける証拠は不可能に近くないか?(普通の頭の持ち主なら破棄する)
 強制に狭義も広義も在るのか?(強制連行だけが強制なのか)
この問題は、過去の事ではなく、今まさに行われている戦争でも在る事実なのです。そして、それに対して世界中の人々が関心を持ち、どのような解決策が在るのか模索している時代です。この問題をすり替えてはいけないと思います。天皇の軍隊は、けっして非人道的なことはしなかったと云いたいのでしょうが、慰安婦否定派の言葉に出ているように、論理の破綻は明らかです。
 この問題が今現在の問題であるからこそ、世界中の批判を浴びているのです。歴史を正視することから、この問題の解決策も出てくるでしょうが。ワシントン・ポスト紙が社説で書きました。「主要民主主義国の指導者としての恥辱である」。このような社説はアメリカ主要新聞初めての表現です。
 ヴェトナム開放の闘いで、ヴェトナム民族解放戦線は決してこのような卑劣な行動をしませんでした。ですから多くの国民によって守られ、支持され、あの強大な軍事力を持つアメリカを国外に追放したのではないでしょうか。女性を強姦する事と、国民の解放は相容れない。民族解放戦線には多くの女性兵士もいました。兵士と国民の区別が付かないほど、密着していた国民の武力集団だからこそ、画期的勝利を勝ち得たのだと思います。戦争につき物等と平気でしゃべる人達には全然解からないでしょうね。
 

|

« 安保によって日本が守られていると云う嘘 | トップページ | 私ごと・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安保によって日本が守られていると云う嘘 | トップページ | 私ごと・・・ »