« イギリスの40パーセントルールご存知ですか | トップページ | 都知事選の結果に思う »

2007年4月 6日 (金)

従軍慰安婦は職業的売春婦に物申す

 帝国軍隊の敷地内に慰安所が在った事は認めていますね。そこに売春婦が集まってきたのですね。彼女たちは、日本国内の大卒より、良いお金を稼いでいたのですね。その主張の根拠と言うか証拠は、示されていませんね。何か文書が在ったとか、外交文書も勿論、何も文書は無いのですね。あの人がこう云っていたとか、慰安婦の何人かがこう言っていたとかでしょ。何とか大使がこう頼んだとか。何も証拠となる文書は無いですね。朝日新聞が慰安婦強制のデマ宣伝をしたそうですが、それに反論したのは、産経と読売新聞ですね。
 日本国内で圧政をして、天皇制に反対した私達の先輩を拷問で殺し、国民の自由な意見を言わせなかった帝国日本は、植民地にした韓国では無理強いをしなかった様な意見ですね。でも名前も日本人の名前にさせ、言葉も日本語を押付けていましたよね。民族としてこれほどの屈辱は無いと思うのですが、
 では売春婦にお金を与えていたのは、兵士ですか。何か文書とし証拠が在るのですか。それとも天皇の軍隊がお金を払っていたのですか。そもそも慰安所は何故最初から存在したのですか。そこに売春婦が来たのでしょ。売春婦が来る前から、慰安所を設けていたのでしょ。不思議ですね。
 日本国内で、あれだけ獰猛だった帝国が、植民地で優しかったなんて言い訳普通は通用しません。
 従軍慰安婦のことで、あんなにたくさんの女性を強制的に徴用したのなら、もっと多くの証拠が在って言いと云う人もいます。その人は、歴史の中で行われる証拠隠滅を知らない純粋な、無垢な人なのでしょうか。この人達は強制性の無い証拠に、文書が無い事をあげつらうのです。少ないだけで無い訳ではないし、何よりも生きた証人がいるのです。証拠隠滅の可能性は誰が考えても大きいですよ。彼等はそう主張するには貧相な、日付もハッキリしない証拠しか出せないのです。

|

« イギリスの40パーセントルールご存知ですか | トップページ | 都知事選の結果に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イギリスの40パーセントルールご存知ですか | トップページ | 都知事選の結果に思う »