« 外国メディアも指摘する安倍首相の責任 | トップページ | そろそろ出ると思っていたらでた、生活保護最大五年で打ち切り案 »

2007年5月30日 (水)

全く同感、加藤一彦東経大教授(憲法学)の話

 「内閣総理大臣は閣僚の罷免権を持つ以上、安倍首相はまずしっかりした人を任命する責任があります。疑惑の多かった松岡氏を選び、結局こういう事態を招いた政治責任は計り知れないほど重いはずです。任命後も、松岡氏には事務所費の問題、最近の緑資源機構の官製談合の問題と重大な疑惑が発覚しました。それについて安倍首相は松岡氏に国会できちんと説明責任を果たさせるべきだったし、疑惑が払拭できなかった場合には、首相は罷免権を行使してやめさせるのが筋でした。罷免権を行使しなかった責任の結果が、このような不幸を招いたと思います。安倍政権では、すでに首相が任命した人物が二人も辞任に追い込まれており、政局を恐れて、松岡氏に対する政治責任追及回避に動き、辞任、罷免する機会を失ってしまいました。もはや安倍首相は、自己の政治責任をきちんと自覚していないような気もします。今安倍首相には、内閣の責任において松岡氏の逝去に至る検証責任、「政治とカネ」の問題で抜本対策を講ずる責任があります」。

|

« 外国メディアも指摘する安倍首相の責任 | トップページ | そろそろ出ると思っていたらでた、生活保護最大五年で打ち切り案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国メディアも指摘する安倍首相の責任 | トップページ | そろそろ出ると思っていたらでた、生活保護最大五年で打ち切り案 »