« 中川秀直幹事長の発言は、素直過ぎて、自民と経団連の関係を表している | トップページ | 疑惑をあの世に持っていた松岡氏、政治家として恥ずべき行為 »

2007年5月27日 (日)

自己責任で過労死させる国、馬鹿にするのもいい加減にしろ

 労働法制規制改革会議が提言した事は、ハッキリ云って過労死も自己責任と云うことです。企業に対する規制を、働く人間の為と云って無しにする提言です。今日本の最低賃金は全国平均で時給673円です。月額にすると12万円足らずです。これから色々と差し引いて差し引いて生活できますか。この最低賃金を上げろと言う労働者の声に対して提言は無慈悲に否定します。
 「最低賃金の引き上げは、賃金に見合う生産性を発揮できない労働者の失業をもたらす」。現実は生産性に見合う賃金さえ払われていない。企業が大儲けしているのに、1995年から十年間で二万七千六百円も賃金は減っているのです。7.6パーセントも減っているのです。トヨタは2兆円もの収入を得ていますが、正規雇用を減らして残酷な賃金で稼いでいるのが現実です。日本の企業なのに、国内の売り上げは減っていく。国内で買う金が無いなら、外国で売れば良いのです。   
 「正規社員の解雇を規制する事は、非正規の雇用へのシフトを企業に誘発する」。何を寝ぼけているの。今でも1997年からの十年間で正規雇用は400万人減り、非正規は500万人も増えています。現行法では、正規でも非正規でも企業の身勝手な解雇は出来ません。これを労働者の為と嘘を云って押付けるのです。 
 「派遣労働者に対する企業の申し込み義務は、期限前の派遣取り止めを誘発する」。今までは直接雇用が原則で、このため期限(最大3年)を超えて働かせようとすれば、労働者に直接雇用を申し込む義務があるのです。これを無くしてしまおうということです。
 「「画一的な労働時間の上限規制は脱法行為を誘発する」。これは限りない労働時間の延長を認めることで、過労死も仕方が無いと言うことです。
 「女性労働者の権利を強化させると最初から雇用を手控えるなどの副作用がある」。それを正す法律を作るべきです。女性にしか出来ない出産という事実を真摯に考えるならば、それが当たり前です。更に、男だけの仕事で生活できない状況なのに、一体全体女性は差別に甘んじろと言う事か。
 こんな、ろくでもない提言を出した規制改革会議のメンバーは、正体を見せろ。ただただ企業の立場に立って、云う事纏めただけではないか。こんな提言、提言とは云えない雑文です。国民を馬鹿にするのもいい加減にしろ。

|

« 中川秀直幹事長の発言は、素直過ぎて、自民と経団連の関係を表している | トップページ | 疑惑をあの世に持っていた松岡氏、政治家として恥ずべき行為 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中川秀直幹事長の発言は、素直過ぎて、自民と経団連の関係を表している | トップページ | 疑惑をあの世に持っていた松岡氏、政治家として恥ずべき行為 »