« 憲法を改定してどんな国を作ろうとしているか 1 | トップページ | やっと払っている国保料、年金滞納でとり上げ絶対許せない »

2007年5月16日 (水)

テボドンを3分で打ち落とす馬鹿な計画

 北朝鮮から発射されたテボドンが、日本に到着するのにかかる時間は約3分。何だかアメリカに向けて発射されたテボドンも迎撃するとか。アメリカでは30分~40分の余裕が在るのですが、今だ成功しません。方位を決めて、発射するのですが駄目。日本では、近いので時間が短いのです。アメリカの十分の一くらい。今だ成功しない技術に莫大な予算を組んで、配備位置まで決めたけれど、高層マンションが在って、もし発射すれば、窓は割れるだろう、という按配。アメリカの軍事専門家も、こんな将来性の無い事にお金を使うのはやめた方が良い、とまで発言しています。30分でも成功しない事が、たった3分で迎撃できるわけ無いでしょう。
 ミサイル防衛網、皆さんも聴いた事あるでしょう。日本では確実に餓死する人、生活に困窮している人がたくさんいるのに、こんな全然不確定なことには、アメリカの要求が在れば、また日本の軍需産業が儲かれば金を出すのです。これが自公の政治の本質です。国民が死のうが、困ろうが、可能性の無いミサイル防衛には金を使う。税金を。

|

« 憲法を改定してどんな国を作ろうとしているか 1 | トップページ | やっと払っている国保料、年金滞納でとり上げ絶対許せない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憲法を改定してどんな国を作ろうとしているか 1 | トップページ | やっと払っている国保料、年金滞納でとり上げ絶対許せない »