« 歴史の歯車は最終的に逆転できない | トップページ | 自公は狂ったのか、強行採決の連続 »

2007年5月31日 (木)

今こそマルクスに学ぼう

 何を古いこと云ってんだ等と言う人は、マルクスを知らない。私は断言する。
資本論を読みなさい。解からなければ何度でも読みなさい。それでも解からなければ、もう一度読みなさい。
 別に聖書ではないけれど、聖書以上の深い文章です。聖書は最終的に、イエスを信じなさいが付く。必ず付く。
信じないものはたすけ無いと言うことです。マルクスは信じなさいなどと言わない。現実を見れば、全くそうだ。全ての働く人に、この今の世界の矛盾を暴きだしている。暴き出された世界はわが身に降りかかる。
 今もって、マルクスに対抗できる理論は無い。資本主義の根本を付いた学説は、創価学会も、ちょっとスケールがちいチャ過ぎるな、何のきちんとした反論が出来ない。私がマルクスを学んだら、勿論解からない部分も在りましたよ。でも、世の中の解からないでいた部分も含めて、スッキリしたのです。百年以上前に書いた文章ですよ。

|

« 歴史の歯車は最終的に逆転できない | トップページ | 自公は狂ったのか、強行採決の連続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史の歯車は最終的に逆転できない | トップページ | 自公は狂ったのか、強行採決の連続 »