« 自己責任で過労死させる国、馬鹿にするのもいい加減にしろ | トップページ | 来月6月からの住民税増税はホントの話、火消しに躍起な総務省の嘘 »

2007年5月28日 (月)

疑惑をあの世に持っていた松岡氏、政治家として恥ずべき行為

 これが大臣でもなければ、お気の毒にぐらい言いますが、大臣で、おまけに大きな疑惑を持たれていて、それに対して誠意ある説明を国民にせず、また、それをかばい続けた安倍首相。今回の自殺は、安倍首相が引き起こしたとも言えます。何故なら、疑惑がでた段階で、しっかりと対応させていれば、大臣辞職ぐらいで済んでいたでしょう。そんな事よりももっと大きな秘密が暴露されかけていたのです。それが世間に知れ渡れば、かばい続けた安倍首相の命取りになるような事態だったのです。まさか安倍政権を崩壊させる訳にはいかないので、自ら死んだのです。何も同情しないどころか、怒りを覚えます。国民に決して説明しないで、大事な問題点を皆抱えて逃げたのです。安倍政権を守る為に。政治家として、恥ずべき行動です。してはならない行動です。
 世界で日本だけです。死んでお詫びをするとか、責任をとるのは。いかにあいまいな国だと言うことを示しています。今までの疑獄事件では、気の毒な事ですが、まるで誰かに殺されたような、必ず課長だとか、運転手さんのの自殺があり、それで事件全体が曖昧に終わるのです。いつまで日本はこんな事を認めるのか。私は認めない。自分自身、自殺を考えた事のある人間だから、それが現実逃避の極致であることを自覚している人間だから、私は許さない。明日からの反応が、手に取るように想像つきます。「死ぬほど本人は苦しんだのだから、死者に鞭うつようなことはしない」。私は鞭打てと言っているのではありません。真実は明らかにしなければいけない。緑資源機構の談合、政治資金資金提供。みな、国民の税金です。これを曖昧にしないことこそ、今一人の人間の死から求められている事です。自殺を惜しむ声はイッパイ報道されるでしょう。でも本当に必要なことは、大臣の自殺を許さない声です。

|

« 自己責任で過労死させる国、馬鹿にするのもいい加減にしろ | トップページ | 来月6月からの住民税増税はホントの話、火消しに躍起な総務省の嘘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自己責任で過労死させる国、馬鹿にするのもいい加減にしろ | トップページ | 来月6月からの住民税増税はホントの話、火消しに躍起な総務省の嘘 »