« 今日共産党の演説会に人を誘って行って来た感想 | トップページ | 反国民に立った創価学会・公明党の私が知る真実の一部 »

2007年6月25日 (月)

無責任は知っていたが社会保険庁解体は最悪の逃げ

 消えた、不透明な年金問題で、それを扱っていた責任省庁を解体すると、政府はどこの機関に責任を持たせるのでしょう。それをハッキリさせないで、「いい加減な社会保険庁は即刻解体」なんてお惚けもいいところ。何故即刻なのかも云わない。わざわざ国会会期を延長してこの法案を通すのだそうです。「悪いところは解体しました。疑問点は、それを引き継ぐ民間の活力ある企業に相談してください」みたいなことですよ。政府が、自分達の責任逃れをするだけです。民間企業に「どうしてくれる?」なんて言っても、「私たちは後を引き付いただけで、その前のことまでは解かりません」が妥当な返事です。当たり前です。ハッキリしていることは、政府の責任ある返事が、答えが何処からもなくなる事実です。これだけはハッキリしています。そのうやむやにする法案を、何故私達が必要としているというのか。こんな法案、廃案以外に在りません。必要としているのは政府です。それでも強行採決しようとするのが、自民党、公明党の議員達です。彼等の自分勝手な要求を押し通す議員には、参院なら今度の選挙で辞めさせましょう。年金保険料を払っていないと、国保料は払っていてもとり上げる輩に何を期待できましょう。

|

« 今日共産党の演説会に人を誘って行って来た感想 | トップページ | 反国民に立った創価学会・公明党の私が知る真実の一部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日共産党の演説会に人を誘って行って来た感想 | トップページ | 反国民に立った創価学会・公明党の私が知る真実の一部 »