« 国会会期とは何故決まっているのか | トップページ | コムスン去ったら訪問入浴無くすのか »

2007年6月22日 (金)

自公強行採決実績表

 2月2日 本会議を与党単独で開会、2006年度補正予算を強行採決。
 2月5日 参院予算委員会を与党単独で開会、補正予算を強行採決。
 2月6日 参院本会議を与党単独で開会、補正予算を強行採決。
 3月2日 衆院本会議、予算委、財務金融委、総務委を与党単独で開会、07年度予算と関連法を強行採決。
 3月15日 衆院憲法調査特別委で改憲手続法の中央公聴会日程を強行採決。
 4月12日 衆院憲法調査特別委で改憲手続法、安保委で在日米軍再編促進法を強行採決。
 4月13日 本会議で改憲手続法、在日米軍再編促進法を強行採決。教育三法特別委設置も強行。
 5月11日 参院特別委で与党と民主が改憲手続法を強行採決。
 5月14日 衆院イラク特別委で与党がイラク派兵延長法を強行採決。
 5月25日 衆院厚労委で与党が質疑打ち切り社会保険庁解体民営化法案を強行採決。
 5月30日 衆院厚労委で与党が年金時効特例法案を強行採決。
 6月1日 衆院本会議を延会し社会保険庁解体民営化法案を強行採決。
 6月13日 衆院政治倫理・公選法特別委で政治資金規正法改定案を強行採決。
 6月19日 参院外交防衛委で与党がイラク派兵延長法、文教科学委で教育三法を強行採決。
ざっとこんなものです。毎月強行採決していることがお解かり頂けますでしょ。異常です。国会軽視と民主主義破壊の足跡です。

|

« 国会会期とは何故決まっているのか | トップページ | コムスン去ったら訪問入浴無くすのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国会会期とは何故決まっているのか | トップページ | コムスン去ったら訪問入浴無くすのか »