« 共産党の前進が、生活と平和を守ります | トップページ | 公明党は自民党の補助機関、解体を求む »

2007年7月29日 (日)

低投票率に思う

 政治なんか何も関係ないよ、という国民をたくさん作り出したのです。政治家の無責任、政治と金も生活大変な人達にとっては、ぼろ儲けする政治家たちと言う思いしか無いでしょう。働けどお金が手に入らない多くの人達にとっては、ぼろ儲けする政治家を選ぶ選挙としか思えないでしょう。自分達の生活を直接左右する機会なんて思えないのです。それには、テレビや新聞の無責任な、政権選択選挙、二大政党どっちが勝つかという報道のせいを指摘します。二大政党にどのような違いが在るかも明らかにせず、ただ興味本位的に報道し、ネットカッフェ難民や、多くの偽装請負労働者、非正規雇用の不安定雇用の労働者が、どのように選挙結果で生活が変化するのか、消費税増税はどうなるのか、こういうことを、積極的に明らかにする報道をしなければ、報道の意味が捻じ曲げられる。選挙無関心派を増やすのです。今日の夜の選挙特集でも、相変わらず二大政党どっちが勝つかとハッキリ謳った番組が在ります。私は、このような単なる二大政党がどうなるかと言う、国民に違いを説明しない、無責任と言うか、ワザワザに近い、国民を無関心にする報道に、怒りを持って抗議します。その様な報道姿勢は、何の為なのか。それが国民の為だと思っているのか。
 投票率は、その国の民主主義の浸透を計る目安の一つです。あなた達報道機関は、民主主義を浸透させる為に、わざわざ、どうでも良い二大政党選択を国民に迫っているのか。政治の中身は関係ないのか。その違いを、政党ごとに何故伝えないのか。戦前の過ちから出発した戦後の出直しは、一体何処え行ってしまったのか。

|

« 共産党の前進が、生活と平和を守ります | トップページ | 公明党は自民党の補助機関、解体を求む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共産党の前進が、生活と平和を守ります | トップページ | 公明党は自民党の補助機関、解体を求む »