« 一年に百人近くの餓死者、95年から増加 | トップページ | 民主党が大きくなってきて、生活よくなりましたか »

2007年7月24日 (火)

私は思う。

 皆さん平和は好きですよね。私も大好きです。20世紀、戦争に明け暮れた世紀。同時に植民地が独立した世紀。私は直接は、植民地の生活を知りませんが、色々な資料で知る限り大変悲惨な、誇りさえ奪うな生活だったようです。私は人をこき使ってと言うか、人間を同じように大切にしない人間は嫌いです。三味線弾きの修業時代から、嫌らしく先輩ぶる人は嫌いでした。同じ世に生まれた人は、対等に大事にされるべきだと思います。生まれた家がどうでも、差別は絶対嫌です。人種の違いによる差別も嫌です。宗教が違っても、死生観の違いであって、差別は嫌です。
 今現代に生きる人々は、科学の発達も相まって、もっと知的に考えられないのかと思います。宗教戦争も、ちょっと待って、冷静に考えましょうよ。テロリストもチョッと待って、考えましょうよ。貴方の云いたい事、不満も解かりあえるかも知れない。その可能性を否定してはいけないと思う。
 ただ確固たる、自身の利益を守ろうとする人々は、あくまでも死守しようとするでしょう。それが、多くの人々を踏みつけにする事であっても。イラクの状況は、アメリカの石油確保です。アフガニスタンもそうです。そして、その確保を順調に進めるためには、アメリカ式「民主主義」を押し付けるのがとてもよい方法なのです。効率的なのです。
 ですから、日本も過去イッパイ戦争を外地でしました。みな外国の土地でした。それを自衛の為と云えるのは矛盾してますね。日本が戦地に成ったのは、最周期の沖縄だけです。その目的は御前会議の議事録で明らかです。敵地の資源が報告されるだけで、そこの国民が何処の国の植民地で、苦しがっているなどと言う報告は一つも無いのですから。ビルマには何が在る、インドネシアには何が在る、タイには何が在る、インドには何が在る、こんな御前会議の対話が書かれているだけです。ですから、私は誰が何と云おうとも、この戦争は、自衛じゃない、戦地も外国だし、新しい植民地に日本がしようとした戦争ですよと言います。靖国派の方達は、それを認めないのです。日本は間違った事はしないと云うのです。ちょっと待ってが効かないのです。ですから憲法も、戦前のような憲法に変えると云うのです。それを、選挙の公約にはじめてしたのが安倍総理です。ですから今の参院選は、この公約を許すか、どうかのたたかいなのです。その対抗馬が民主党らしいのですが、この党も憲法を変えると云っていっている党なのです。自民党案と民主党案には大した違いが無いと、与党の幹部が云っているのです。
 さあ、皆さんどうすればよいでしょう。私の思いを語ります。
 私は小さい時から貧乏で、それこそ給食費の滞納も年中でした。そんな生活でも、うちに帰ればその頃は母がいました。チョッと大きく成ってからは、私が誰もいない机の上から、母が稼いだ家政婦の賃金を持って買い物にいき、食事を作る生活が始まりました。でも、心は不幸せでは在りませんでした。親のせいでもない、この社会の仕組みがおかしいのだと思って、いつも未来に向けた希望ではないのです。確信を持ったのです。それだから、今も変わらず、社会を変革する事に向き合っているのです。

|

« 一年に百人近くの餓死者、95年から増加 | トップページ | 民主党が大きくなってきて、生活よくなりましたか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一年に百人近くの餓死者、95年から増加 | トップページ | 民主党が大きくなってきて、生活よくなりましたか »