« 全女性、怒れ。靖国派の女性蔑視姿勢 | トップページ | 久間氏が辞任、選挙に配慮ですって、馬鹿じゃないの »

2007年7月 3日 (火)

私なりに考えた防衛大臣の発言の本質

 安倍総理も、久間大臣も共に、「誤解を招く発言だった」と云う訳です。安倍総理は最初、「アメリカの立場をいったのだから関係ない」と云って問題視もしませんでした。それが「発言は厳重注意するように」に変わったのです。
 国民は何を、どのように誤解すると考えているのでしょう。大臣の発言を新聞で知る限り、大臣発言の内容はこうです。 「原爆が落とされた結果戦争が終結したのだから、しょうがない」。 「被爆地の方々は大変な苦しみを受けたが、結局その結果を受け入れる以外ない」。 「ソ連に終結を頼もうとしていた事を知ったアメリカが、ソ連の北海道占拠などを防ぐ為に原爆を落とし戦争終結を早めた。だからしょうがない」。大体このような発言です。
 この発言の何処に、どん誤解を招く言葉が在るのでしょう。何も在りません。ハッキリしています。原爆投下が戦争終結を決定付けたという意見は昔から在りました。その様にハッキリ云う人が昔からいたのですから新たな誤解なんか生まれません。私はこの意見を認めません。大臣が語った事は本質的にはこのことなのです。昔から昭和天皇を平和の人みたいに語る人達は、みんなその様に云っていたのです。久間大臣も同じです。安倍総理もそう。靖国派なんて集団が出来る以前から、あれだけ非道な爆弾投下を、歴代政府は何も抗議もしなければ、逆にアメリカベッタリです。三月の東京大空襲も、非戦闘員を殺戮する攻撃だったにも係わらず、抗議もしない。
 久間さん。私があなたの云いたかったことを別の言い方してあげましょう。 「広島・長崎の皆さん。あなたたちは、言葉で言い表せることの出来ない苦しみを味わいましたが、戦争早期終結の為にしょうがなかったのです。核兵器も、何らかの役に立つなら仕方のない兵器なのです。私たちは原爆を特殊な兵器とは全然思っていません。これからも使われるかもしれません。日本は唯一の被爆国なのに、アメリカの核の傘の下で平和を守ってきたのです。ソ連に北海道まで占領されていたら大変なことになったでしょう。それも、アメリカの二発の原爆のお陰で救われたのです。」
 1945年二月、東条内閣の退陣したあとを継いだ近衛首相は、昭和天皇に言います。「もう勝てないから、敗戦を宣言しましょう」。「平和愛好家」の昭和天皇は拒否します。「今敗戦しては、国体を護持できない。今ひとつ戦果を挙げなければ終戦は出来ない」。このときに近衛首相の言う事を聴いていれば、三月の東京大空襲も、広島・長崎の原爆も投下されずに、多くの国民を犠牲にしないで済んでいたのです。この歴史的事実さえ否定する安倍、久間、その他の靖国派の政治家、及び同調者を告発する。嘘の上に真実は作れない。

|

« 全女性、怒れ。靖国派の女性蔑視姿勢 | トップページ | 久間氏が辞任、選挙に配慮ですって、馬鹿じゃないの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全女性、怒れ。靖国派の女性蔑視姿勢 | トップページ | 久間氏が辞任、選挙に配慮ですって、馬鹿じゃないの »