« 人間が人間の尊厳を持って最後まで生きたい | トップページ | 赤城氏、疑惑解明せず辞任、何の為の大臣だったか安倍総理の見る目無し。 »

2007年7月31日 (火)

リスさん。コメントが返せないのでここに書きます

 リスさんからのコメントが来たのは、31日です。内容は「そうか そうかワロスワロス くやしかったのね」です。
普通はコメントを頂くと、直ぐご返事が出来るはずなのですが、リスさんのコメントは、私のブログの本体に掲載されていないで、私の編集画面だけで確認できたのです。従って、ここに書きます。
 私のブログを永く見ていただいてる方なら、私が共産党員であることはご存知かと思いますが、選挙の関係でチョッと見た方には解からないかも知れませんね。リスさん。本当に悔しいなんて思い、今指摘されて思い出しました。私たちはいつも一生懸命で、悔しがっているほど暇では在りません。クヤシイ、クヤシイ何て考えていても、何も前進できませんよね。自民党員、公明党員、民主党員、社民党員、色々在りますが、共産党員の私に、「くやしかったのね」は通じません。リスさん。私の丸川珠代氏についての言葉、どこか間違っていますか。リスさんも、前の戦争は正しかったと、思われるのですか。しょうがないと思われるのですか。しょうがなくて、アジアの人達は殺されたのですか。それこそ悔しさを感じてあげることも出来ませんか。貴方の庇う丸川氏は、それは今の時代の人間が決められるかと云っています。今の時代の人も決められない事を、安倍総理は未来の学者が決める事だと云っています。戦後60余年経ちました。私は考古学を勉強していたので解かるのですが、年代が古くなればなるほど、正確なことは知りにくくなるのです。丸川氏の意見は、今の時代に生きる私達に決められるのか、でしょ。今決められない事なら、全面的に肯定するか、否定するのか、現在の丸川氏には不可能なことを云って、結局は歴史に立ち向かわない姿勢を表明しているのです。在った事は事実として受け止めよ。これは、前のブログに書きましたが、歴史学の否定です。こんな、現在の科学の発達について来られない政治家は、リスさん、要らないと思いませんか。この東京選挙区には、同じ自民党の保坂三蔵氏が昔からいました。彼は都議会議員から段々国会議員に成った人です。私が東京で闘った一人です。それを素人の丸川氏が代われるほど、国会議員は簡単な仕事なのですか。これはリスさんへの返事です。  杵屋彌三右衛門

|

« 人間が人間の尊厳を持って最後まで生きたい | トップページ | 赤城氏、疑惑解明せず辞任、何の為の大臣だったか安倍総理の見る目無し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間が人間の尊厳を持って最後まで生きたい | トップページ | 赤城氏、疑惑解明せず辞任、何の為の大臣だったか安倍総理の見る目無し。 »