« 私なりに考えた防衛大臣の発言の本質 | トップページ | 世界的に孤立を深める靖国派の末路 »

2007年7月 4日 (水)

久間氏が辞任、選挙に配慮ですって、馬鹿じゃないの

 暴言は少しも反省せず、選挙の足を引っ張ると申し訳ないから辞任するのです。私が馬鹿じゃないのと言うのは、選挙の足を引っ張るほど、国民の意識とかけ離れていることを自覚しているにも係わらず、捨てぜりふのごとく、選挙の為に等と語る無神経さです。こんな人を大臣にした安倍総理の任命責任は重い。でも感じない。
 早速後任になった小池百合子氏も核武装検討派。侵略戦争を美化する、日本会議国会議員懇談会の副幹事長。新聞のアンケート(2003年)に「国際情勢によって検討すべき」と答え、集団的自衛権の問題でも「国会の審議の場において、時の総理が 解釈を変えました と叫べばよい」。無茶苦茶な人です。
 安倍内閣は誕生してから何人の閣僚が辞めたでしょうか。一人も罷免された人はいません。事実上殺された人はいます。それでも反省どころか「職責をまっとうしてほしい」しか云わない。政治と金の問題も全然解明せず。みんな一まとめにして政界のブラックホールへ。この人は、散々私が以前から指摘してきたとおり、ボンボンでどうにもならない人なのです。国家のリーダーなんて無理な人だったのです。こんな内閣珍しいでしょ。

|

« 私なりに考えた防衛大臣の発言の本質 | トップページ | 世界的に孤立を深める靖国派の末路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私なりに考えた防衛大臣の発言の本質 | トップページ | 世界的に孤立を深める靖国派の末路 »